最近のマンション総合保険の事故例で、特筆すべき事故があった。

マンションの専有部の「水濡れ事故」

上階の方が亡くなられて、「法定相続人」がすべて相続放棄!弁護士の管理下で法的処理中に、水濡れ事故を起こってしまった。

4b4e24e4
 


この時被害にあった下の階の方が大変。


通常この場合だと、適用される保険は、「個人賠償責任保険」か「水濡れ損害保障特約」が対象保障となる。


上階の加害者の方  →「個人賠償責任保険」で下の階の方へ賠償する。

下の階の被害者の方 →「水濡れ損害補償特約」で自分の保険で被害を修復する。


の二つの方法となります。


「個人賠償責任保険」は、上階の方が専有部分に「個人賠償責任」を付加していれば、それで処理する場合と、マンション総合保険(共有部)の契約に「個人賠償責任保険」の契約があれば、どちらの保険でも処理が可能です。

所が困った問題がひとつ!



それは、個人賠償責任保険は、個人が特定されて初めて適用できる保険なので、この場合、対象者がいないことになるので、「個人賠償責任保険」が仕えません。



ですから、今回のような事故のお場合、下の階の方の「水濡れ損害補償特約」で保険金請求を行うことになります。不合理な話ですが、法律上どうしようもない事なんです。


もし、下の階の方の専有部の保険に「水濡れ損害補償特約」がついていない場合は、自腹で被害を修復することになります。被害にあって自腹で被害を修復しなければならないなんて、納得いかないですよね!


最近、一人暮らしの方が突然死されたというようなニュースをよく聞きますが、その場合こういった事故の起こるケースが増えると予測されます。


もう一度ご自分の専有部の補償の内容をしっかりと確認しておいた方がいいですね!



*****************

保険のソムリエPIAの詳細は
マンション総合保険の詳細は
マンション総合保険の概略は
******************
マンション総合保険見直し(管理組合の火災保険見直し)の保険のソムリエPIA 
医療保険がん保険の保険のソムリエPIA、保険のソムリエサポートセンタ-
DO MY BEST WITH SMILE!

ファイト・・・!!          
見直し、見積もりはこちらへ
t02200165_0640048012234565515 (1)

読者登録してね へなちょこ社長奮闘記Part.Ⅱ  
東京,神奈川,埼玉,千葉,愛知,岐阜,大阪,兵庫,広島,岡山,仙台
福岡,,札幌、横浜,おおみや,千葉,名古屋,岐阜,三重,京都, 
                        奈良,大阪,神戸,静岡,浜松