マンションに落雷の事故なんて・・・と思われがちですが
マンションに落雷し、マンションの電気系統がすべて被害にあい
電子錠やエントランスの開閉ができなくなったなどの被害があります
こういう場合は○千万円とかの被害額になるケースもあります。


落雷は、実は身近に起こる事故なのです。屋根に穴が開いてしまった、
急激な電圧の変化で電源が入っていた電化製品が壊れてしまったなどが
よくある損害のケースです。
rakurai

●建物が保険の対象の場合
落雷により家屋が損傷した、または火災が発生したなどにより建物が
害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

●家財が保険の対象の場合
落雷により、電化製品が壊れた、家具が燃えてしまったなどにより
家財が損害を受けた場合に、保険金をお支払いします。

こんな時でも補償されます

  • 雷が自宅の屋根に落ちて、瓦が吹き飛び、屋根に穴があいてしまった*1
  • 庭に落ちた雷から飛び火して、建物が燃えてしまった*1
  • 分配器に雷が落ち、自宅のテレビ2台、ビデオデッキ1台、電話機1台が
  • 壊れてしまった*2
  • *1建物が保険の対象に含まれる場合にかぎります。
  • *2家財が保険の対象に含まれる場合にかぎります。

 損害保険金の額

●建物

次の算式により算出した額とします。ただし、火災保険の保険金額を
限度とします。

損害額*1-自己負担額*2=損害保険金

  • *1損害額とは、協定再調達価額を基準として算出し、保険の対象を事故発生
  • 直前の状態に復旧するために必要な費用をいいます。(協定再調達価額限度)
  • *2建物を復旧できない場合または建物の損害の額が協定再調達価額に達した
  • 場合は、自己負担額を差し引かず、協定再調達価額を損害保険金として
  • 支払われます。ただし、火災保険の保険金額を限度とします。

●家財

次の算式により算出した額とします。ただし、火災保険の保険金額を限度と
します。

損害額*-自己負担額=損害保険金

  • *損害額とは、再調達価額を基準として算出し、保険の対象を事故発生直前の
  • 状態に復旧するために必要な費用をいいます。(再調達価額限度)
    ただし、明記物件の場合は時価額を基準に算出します。
  • (注)ご契約いただくプランや保険の対象などにより、お支払いする保険金の
  • 額が上記算式とは異なる場合があります。
意外に知らない補償内容

落雷でテレビが壊れてしまった。

  • 落雷でテレビが壊れてしまった。


     
    *****************

    保険のソムリエPIAの詳細は
      こちらへ⇒ http://pia-hoken.com/
    マンション総合保険の詳細は
      こちらへ⇒http://www.pia-hoken.co.jp/
    マンション総合保険の概略は
      こちらへ⇒http://pia-hoken.jp/
    ******************

    マンション総合保険見直し(管理組合の火災保険見直し)の保険のソムリエPIA 
    医療保険がん保険の保険のソムリエPIA、保険のソムリエサポートセンタ-
    DO MY BEST WITH SMILE!

    ファイト・・・!!          
    見直し、見積もりはこちらへ

    へなちょこ社長奮闘記Part.Ⅱ へなちょこ社長奮闘記Part.Ⅱ
    読者登録してね へなちょこ社長奮闘記Part.Ⅱ  
    東京,神奈川,埼玉,千葉,愛知,岐阜,大阪,兵庫,広島,岡山,仙台
    福岡,,札幌、横浜,おおみや,千葉,名古屋,岐阜,三重,京都,
    奈良,大阪,神戸,静岡,浜松